本文へスキップ

西落合町会の活動を紹介するページです

TEL. 03-3951-1339

〒163-0031 東京都新宿区西落合2-12-3

町会の歩み

私達の住む西落合は、昔、桂(葛)大納言源経信卿の住地で『葛ヶ谷』といわれ、その後武蔵国葛ヶ谷村と呼ばれていました。
宝暦8年の検地帳による落合地区は、葛ヶ谷村 41戸84石 上落合村 52戸215石 下落合村 67戸140石 となっており武蔵野の野原にひっそりと存在していたようです。
また、落合の地名は川の合流地(落ち合う)のことで、全国どこにでもたくさんこの地名があります。井の頭池を水源とする神田川と、妙正寺池を水源とする妙正寺川との合流地域である事から名付けられました。
西落合の名称遍歴は、明治・大正の品川県葛ヶ谷村、東京府南豊島郡葛ヶ谷村や東京府豊多摩郡落合町字葛ヶ谷などと呼ばれ、昭和7年には、東京市淀橋区落合町葛ヶ谷などなどたくさんの名称変更を経て昭和41年に現在の東京都新宿区西落合1、2、3、4、丁目になりました。
町会の歴史は江戸時代の五人制度に始まり、住民意識の福祉・親睦・地域の自主的繁栄を図り、大正時代に自治行政の補助機関として発達してきました。
昭和になり戦争の気配から東京市も町会整備要項を発令し、昭和16年太平洋戦争に突入、いわゆる『隣組制度』へと強化されましたが昭和20年に制度廃止され、その後再び町会再興の機運が高まり、昭和31年に現在の西落合にも町会が結成され、2010年で54年の歴史を迎える事が出来ました。
今後も諸先輩方が築き残してくれた、この緑豊かな素晴らしい自然環境を守り、住民の方々が全員参加できる『西落合町会』に発展させ、ふるさと西落合・災害に強い『明るく住みよい町西落合』づくりの実現を目指し頑張りますのでご協力をお願い申し上げます。



  歴代町会長

昭和3年
(1928)
谷町民会    会長  江原 健太郎 氏
東 会     会長  中山 貞全 氏
共栄会     会長  阿美 保一郎 氏
昭和13年(1938) 西落合一、二丁目町会  会長  江原 健太郎 氏
西落合三丁目町会     会長  中村 協 氏
昭和18年(1943) 西落合一丁目町会   会長  中野 浩 氏
西落合二丁目町会   会長  小泉 寿太郎 氏
西落合三丁目町会   会長  本田 昌雄 氏
昭和22年(1947)
〜昭和30年(1955)
戦後の混乱期のため町会活動中止
昭和31年(1956) 西落合全域を範囲とする「西落合町会」を結成(町会員 1,600名)
初代会長  白川 稔 氏
昭和40年(1965) 住居表示改正により西落合一丁目〜四丁目となる
昭和46年(1971) 会長  高木 才治 氏
昭和57年(1982) 会長  寺島 又弥 氏
昭和63年(1988) 会長  三森 敏 氏
平成6年(1994) 会長  増田 和彦 氏
平成18年(2006) 会長  熊谷 健治 氏
平成22年(2010) 会長  岩嵜 光雄 氏
    お役立ち情報

お役立ちリンク

東京都

新宿区